スポンサーリンク

献体登録は葬儀費を浮かせる為に行うのではありません

 献体登録

あなたは献体を知っていますか? 大学病院では医学部学生達が体内の医学の勉強の為、亡くなった後の身体を献体としてお預かりする献体希望者の登録をしています。

献体を希望する人は、献体会に登録を必ず生前に行います。献体希望者が必ず生前に会の説明を受け登録をする必要があります。

献体希望者の多くは、医師などが多いが、中には葬儀費用を無料にするため献体登録している人もいるらしい

 遺志

身内が亡くなり、遺族親族がそれから献体を希望しても献体を行う事は出来ません。

亡くなった後のご葬儀は遺族親族の意思で行いますが、献体は亡くなった本人の意志でおこなうからです。

 金銭的問題

最近はお金の問題から荼毘代さえ払えずに献体を希望して、無料で火葬までしてもらおうとするケースが多いらしいが基本断っているとのこと。あくまで患者本人の遺志でないと受け付けません。

 家族の意思

逆に故人の意志で献体を希望し献体会に登録しても、遺族の一人でも献体に反対した場合には、献体を行うことが出来ません。

ですので、献体希望の方は、生前に配偶者やお子様などの遺族と相談し、きちんと話し合って決めておく必要があります。

 大学病院へ搬送

献体登録者が亡くなった場合、遺族が(遺族がであり、身内がいないからと友人知人では駄目)献体登録の会に連絡すると、会が指定した葬儀社から搬送の車輌が病院まで迎えに来ます。

そこで会の人から説明を受け同意後搬送されるが、遺族の希望で葬儀(通夜 告別式)を施ってから搬送の車輌を迎えに来てもらうことも出来ます

大学に搬送されると面会することは出来ず、次に会うときは遺骨の状態なので、可能であればお別れをしてから迎えに来てもらえればと考えます。

 解剖

知っておくのは、献体者は病院の医師で解剖されるのではなく、大学の学生により解剖されます。医学の進歩のための解剖です。

 返骨

登録者は約2年から3年後に火葬されてから、返骨式の後遺族の元に戻されます。

献体とは

献体は、残った身内に葬儀費の心配をかけないように登録するのではなく、医術の進歩、これからの医師のために登録するのです。