スポンサーリンク

誰もが一度は考える「会社に行きたくない」「会社が嫌」「会社を辞めたい」

 会社に行くのが嫌

 
会社を辞めたい理由は、人それぞれだと思います。

上司、同僚達との人間関係
通勤に疲れた
仕事内容
などなど

はたから見れば何でもないような事だろうが、当人は悩みに悩み辞職や最悪死を考えます。

毎日毎日、会社を辞めたいと考えると、頭の中はそれだけを考えるようになり、いずれ、吐き気やめまい、嘔吐感を感じるようになってきます。

その時はすでに気の病気にかかっています。周りの人が気がついてあげれば良いのですが、そのままの状態が続くと、

怖いのは月曜日。

ホームで一歩踏み込めば楽になれると考える。

そんな時は精神科や心療内科に、すぐに行ってください。

死を無意識に思い浮かべる時は、すでに病気です。恥ずかしくありません。

 誰もわかってくれない退職の辛さ

あかの他人は、仕事が辛ければ辞めれば良いじゃないと軽く言います。

優しい妻はそんなに辛ければ、辞めて良いよと軽く考えます。

怖い奥さんは言わずもがです

実際、転職すれば給与が安くなる。それ以前に転職先は見つかるのか?

給与が安くなれば、妻子を食べさせるのが大変になるだろうし、もし子が学生なら、これからどうすれば良いのかと、ますます気が滅入り、将来が不安になって来る。

その時にはすでに、死が思想を侵し始めており、本人でさえ気づかない。

そう、その時には逃げ場は死しか無くなっているのです。

 死ねば楽になるのか?

死ねば楽になる?

死ねば妻子に保険が入り、生活は大丈夫かな・・・

 自分は病気?

すでに病気です。
精神科心療内科にすぐに行って診療を受けて下さい。きっとうつ病、適応障害という病名をつけてもらえます。

どうしても、仕事が辛く生きるのが辛いのなら、精神科の先生に言って診断書を書いてもらって下さい。

 会社を休職

まずは1ヶ月休職し、気を嫌なことから外して下さい。1ヶ月でダメだったら、2ヶ月楽しみましょう。その頃には会社から会社を退職しないかと連絡があるかもしれません。

3ヶ月様子を見て、それでも会社、仕事が嫌なのなら辞めれば良いじゃないですか。

会社を辞めても、傷病手当金は1年半もらえます。1年半後、仕事をする気になったら、失業保険をもらい、自分にあった仕事を探して下さい。

 死は逃げではありません

死は逃げることという人がいますが、死は逃げでは決してありません。楽な自分の終わりです。でも、終わりを少し先に延ばせれば、その時には、死ななくてよかったかなと思える可能性が見つかるかもしれません。