スポンサーリンク

心が辛く 死を選ぶ前に 傷病手当金申請

傷病手当

前回、「誰もが一度は考える「会社に行きたくない」「会社が嫌」「会社を辞めたい」で、会社が辛いのなら死を選ぶのではなく休職し、心を休めるように話しました。

中には、うつや抑うつ、適応障害などで休職し傷病手当金を貰うなんて嫌だと言う人もいるでしょうが、何のあてもなく退職してハローワークに行くと、失業保険はせいぜい90日ほどになります。

約3ヶ月で次の職を探すのは、疲れた心を痛めつけ、今までより辛いと思います。

また、金銭的にも追い打ちをかけ、精神的にボロボロになる可能性さえあります。

会社が辛くなり、死を選ぶことさえ考えるようになった場合、恥など捨て是非心療内科で診察を受けてください。

心療内科で診察をし、診断書が出るようでしたら、是非傷病手当を受け心を休ませてください。

会社に勤め、社会保険(けんぽ)に加入していれば、最長で1年半の傷病手当金を受給する事が出来ます。

これは、会社の就業規約で休職が終わり退職しても継続して受給する事が出来ます。

1年半あれば、心の痛みも落ち着き次の職への意欲も出てくるのではないでしょうか。

もし、まだ心が辛いようでしたら、傷病手当終了後公共職業訓練校へ行くのも良いかもしれません。
 

傷病手当受給条件

 
まず、傷病手当を受給するには、社会保険に一年以上加入(被保険者期間)している事が条件になります。

入社したばかりの方は受給権利がありません。

入社したばかりで、仕事についていけず、うつ病や適応障害になってとしても休職はできますが、傷病手当金の受給権利は無く、1年頑張ってくださいとしか言えません。

また、国民健康保険には傷病手当はありません。
 
次に先に書いたように、医師による診断書が必要です。「働ける状態」ではないと診断され、診断書を書いてもらって下さい。
 

医師の診断書

診断書は精神科、または心療内科で診断を受けます。必ず会社に在職している間(社会保険加入中)に通院して下さい。

医師には、思っていることをそのまま話して下さい。初めは薬を処方されます。予約制の病院でしたら、次の予約を取って下さい。

何度か通院します。
絶対に薬のおかげで気分が楽になったと通院を止めることはしないで下さい。医師との信頼関係もなくなります。自分は2ヶ月で気分が少し良くなり数ヶ月行かなくなり、薬が無くなり再発して再診察したら医師から、自分で良くなったと治療をやめない事。それならもう来なくてもいいよと強く言われてしまいました。
 

休職

しばらくして、医師に辛いので暫く休職したいと診断書を書いてもらいます。

あなたの味方は病院の先生です。
会社は仕事が辛いと言っても助けてはくれません。

まず、4日間以上休みます。
傷病の発症によって4日以上の休暇したときより傷病手当受給の権利ができます。

土曜、日曜、月曜でも構いませんので、休みを取って下さい。4日目の休みから傷病手当の支給対象になります。3日目までは支給対象外(待機期間)になります。
 

スポンサーリンク

傷病手当の申請

傷病手当の申請ですが、協会けんぽのホームページに申請用事がありますので、記入して(会社記入欄もありますが、未記入でも構いません)、医師の記入欄があるので、そこは病院に持って行って記入してもらいます。病院によってはその日に書いてもらえる場合と、次回になる場合がありますが、必ず医師の記入が必要です。書いてもらえましたら協会けんぽに郵送します。
 
傷病手当が受理されましたら、傷病手当金支給申請書は、受給中1ヶ月毎に送ります。

 
 

傷病手当の受給

傷病手当が受理され支給された場合の受給金額は、休暇取得3ヶ月分の給与の平均額の2/3になります。

できれば、傷病手当を申請する前に残業をして給与を多くもらうようにすれば、支給額も上がります。が、心が辛い中大変だと思います。 
 

会社から解雇通告

傷病手当は会社を退職しても受理する事が出来ます。暫くすると会社より復職するか退職するか連絡があると思います。

傷病手当は、退職しても受理する事が可能ですので、復職するのが難しいようであれば退職も考えた方がいいのかも知れません。

退職する場合、退職日には絶対に出社しないようにして下さい。退職日に出社するとその日より傷病手当を受ける権利が無くなります。、
 

ハローワーク失業手当

退職する際、可能であれば会社都合退職としてもらって下さい。

自己都合退職ですと、支給までの期間など違いが大きいです。

退職しましたら、ハローワークに行き離職票を提出し失業手当の給付延長の手続きを2ヶ月以内(忘れると失業手当を受理できません)にしますが、傷病手当金受給中ですので、失業手当はまだ受給しません。と、言うのも、傷病手当金と失業手当金は同時に受理する事が出来ないからです。

区(市)役所 減免手続き

役所に行き、国民年金、国民健康保険、住民税の減額の申請をします。 

収入は傷病手当金だけですので、減額、免除を受けることが出来ます。

傷病手当を申請すると、自動に減額、免除されませんので、必ず出向いて手続きして下さい。

国民年金免除申請をしないと、払えない場合未納扱いとなり不利になります。

払えない場合には、必ず全額免除申請をして下さい。

ただし、全額免除申請をすると、老後の受給額は減ってしまいます

国民健康保険、住民税(市県民税)を減額申請をして下さい。

減額申請をしても、特にデメリットになるようなことは無いと思います。
 

傷病手当金の終了

 
一年半後、気分はいかがですか?
傷病手当は一年半までですので、延長することは出来ません。

失業手当金を貰うか、障害年金を申請するかですが、障害年金はなかなか受理が難しいです。

失業手当の申請ですが、、失業手当は就業可能な人に支給される手当ですので、まだ会社に行きたく無いのであれば、申請する必要は無いですが、その場合収入がない状態になってしまいます。

ハローワークに行き失業手当金の申請をします。

失業手当は約3ヶ月です。
3ヶ月後会社勤めするか、それとも失業手当金給付期間を延長するか考えます。
 

失業手当金給付延長

失業手当金を延長するためには、ハローワークから紹介された公共の職業訓練校に行く方法があります。

期間は3ヶ月〜6ヶ月コースがあり、その間失業手当金を給付出来ます。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク