熾天使

セラフィム/Seraphim (セラフ/Seraph)

最高位天使
炎より創造されし者
天界にてトリスアギオンを唱え御座を廻る。

熾天使は神の愛を表し、燃える炎で象徴される。
または天界を飛翔する燃える蛇とも称される。
最も神に近い第一天使に所属。

熾天使には四方の者として四大天使であるルシファー、ケムエル、ナタナエル、ガブリエルが所属する。 後にルシファーが離反しミカエルが所属した。
また、ルシファーが居た頃、時としてルシファーの代わりにメタトロンが統括者として所属するが、 メタトロンとルシファーは同一者という考えからである。

この天使には六枚の翼があり、二つの翼は顔を覆い、二つの翼は足を覆い、 二つの翼で飛翔する。その翼には孔雀の瞳が描かれているとも言われる。

本来の天使長はルシファーであったが、神に対し叛乱を起こした為、今はルシファー謀反の際の最大の武勲者であるミカエルが就いている。

 * ルシファーは十二枚の翼があったと言われている