マルドゥク 〜 バビロニア神話 〜

Marduk

太陽の雄の子牛

五〇の名を持つ者
妻の名はサルパニト(金星)

エアとダムキナの息子
バビロニアの神々の指導者
時としてエンリルと同一視される
イシュタル門では足の生えた竜(ムシュシュ)として刻まれる

この神はベルという称号を持ち、ティアマトとの戦いにおいて神々の頂点支配者となる

彼の胸にはティアマトから奪った天の書版をつけ、人間世界の全ての秩序を創造した。

別名
マルッカ 
マルトック 
バラシャクシュ 
ルガルディメルアンキア
ナリルガルディメルアンキア 
アサルヒ 
ナムティラク 
ナムル
アサル 
アサルアリム 
アサルアリムヌンナ 
トゥトゥ 
ジムキンナ
ジクグ 
アガク 
トゥク 
シャズ 
ジシ 
スフリム 
スフグリム
ザハリム 
ザハグリム 
エンビルル 
エパドゥン 
ダガル 
ヘガル
シルシル 
マラハ 
ギル 
ギルマ 
アギルマ 
ズルム 
ムンム 
ズルムン
ギシュヌムンアブ 
ルガルアブドゥブル 
パガルグェンア 
ルガルドゥルマハ
アラヌンナ 
ドゥムドゥク 
ルガルランナ 
ルガルウガ 
イルキング
キンマ 
エシズクル 
ギビル 
アッドゥ 
アシャル 
ネビル 
エア

バビロニア神話 Amazon