アメン 〜エジプト神話 〜

    アメン

Amun

名の意は隠されたる者(名無し)
目には見えぬ者
ヘルモポリス八神の一神
妻の名はムト

その姿は二枚の羽根の帽子をかぶる者として描かれる

アメンは雄羊の頭を持つ天空の創造神の一柱であったが、 徐々に太陽神ラーがその地位を奪っていった。 後に両者は信仰上の対立によりアメン・ラー(神々の父、 人間の創造者、家畜の創造主、万物の王)として王朝の守護神となる。

アメン・ラーの神殿はルクサールとカルナックに建立された。 だが、第五王朝ファラオによりラーが国家神となりアメンの地位は下げられた。

息子は月神ホンス

エジプト神話 Amazon