天空神 ホルス 〜エジプト神話〜

 ホルス

 天空神

 王権の守護神
 高き者
 遠方より来たる者

この神の起源は不明であり、エジプトの神々の中で最も古い神である。

ホルスの左目はウジャトの眼と言い護符としてよく描かれる

その左目はセトとの戦いの際に失った物である。

戦いの後、左目は取り返したがオシリスに与え神聖なる蛇を頂き、以後王権の記章となった。

その際オシリスからホルスへとエジプトの王権の王としての地位が譲られる。

 
ホルスの姿は天を羽ばたく隼の頭を頂く姿で描かれる

 別名で
 ハロエリス (エドフのホルス)
 ホルベヘデティ (地平のホルス)
 ホルアハティ (後見任のホルス)
 ホルサイセ (イシスの息子のホルス)
 ハルポクラテス (少年神のホルス)
 アルエリスは大ホルスのギリシア読み

エジプト神話 Amazon