天孫降臨 〜日本神話〜

 天孫降臨

 天照大御神(アマテラスオオミカミ)は大国主神が治める葦原中国(アシハラナカクニ)を、 天忍穂耳命(アマノオシホミノミコト)に治めさせようと降臨させる事にした。

 天上より地上の様子を見た天忍穂耳命は、国津神(クニツカミ)によって支配されている旨を報告する。

 天照大御神は八百万神(ヤオヨロズノカミ)と協議し、 まず天穂日神(アマノホヒノカミ)を地上に降ろし、大国主神(オオクニヌシノカミ)に国を譲るように説得させる事にした。 だが、天穂日神は大国主神につき帰ってこなかった。

 次に天稚彦神(アマノワカヒコノカミ)を地上に降ろした。 天稚彦神は大国主神の娘を妻とし、天照大御神の使者を殺してしまう。

 次に天照大御神は天鳥船神(アマノトリフネノカミ)と共に建御雷之男神(タケミカズチノオノカミ)を降ろす事にする。 二柱は出雲の浜に降り、建御雷之男神は剣を逆さまに突きたて、切っ先の上にあぐらをかき大国主神に国譲りを迫った。 一人の息子である八重言代主神(ヤエコトシロヌシノカミ)は承諾し身を隠し、 もう一人の息子である建御名方神(タケミナカタノカミ)は建御雷之男神に勝負を挑んだ。 だが建御名方神は腕をもぎ取られ敗北し、諏訪の国まで逃げ、二度と諏訪からは出ない事を誓い降参した。 二人の子が降参してしまった大国主神は、出雲の地に天迄届くような神殿(出雲大社)を造りそこに住む事を条件に国を譲った。

 さて天忍穂耳命が降臨する段になり邇邇芸神(ニニギノミコト)が誕生した。 天忍穂耳命は天照大御神に我が子を降ろすように提案し、天照大御神は承諾した。 地に降りた邇邇芸神は天地を騒がす異様な大きさの神と出会う。 天宇受売命(アマノウズメノミコト)が名を問うと、私は国津の猿田毘古神(サルタビコカミ)です。 天津の神々が降臨すると聞き道案内に参りましたと答えた。

 邇邇芸神は天敢雲剣(アメノムラクモノツルギ)、八尺鏡(ヤタノカガミ)、 八尺勾玉(ヤサカニノマガタ)を手に、天思金神(アマノオモイカネノカミ)、天手力男神(アマノテジカラオノカミ)、 天石門別神(アマノイワトワケノカミ)、玉祖神(タマオヤノミコト)、天児屋命(アマノコヤノミコト)、 布刀玉命(フトタマノミコト)、天宇受売命、伊斯許理度理命(イシコリドメノミコト)を共に日向の高千穂に降りていった。

 何故、建御雷之男神が平定した出雲に降臨せずに高千穂に降臨したかは謎である。

日本神話 Amazon