八岐大蛇退治 〜日本神話〜

   八岐大蛇退治 

須佐之男命 (素戔嗚尊)

 高天原を追放された須佐之男命(スサノオノミコト)は、出雲の鳥髪に降臨した。

河を上っていくと、家が見え中を覗くと一人の娘を中心に老夫婦が泣いていた。

須佐之男命は中に入り泣いている訳を聞く。

老夫婦の夫の名は手名椎(テナズチ)、妻は足名椎(アシナズチ)、 娘は櫛名田比売神(クシナダヒメノカミ)であり、 この地には八俣之大蛇という、目が酸漿のように赤く燃え、 その全長は八つの谷と屋根をまたがり、 全身杉や檜の大樹が生え、苔がむし、その腹からは常に血潮が流れている八つの頭と尾を持つ大蛇がおり、 今まで七人の娘が食われ、最後に櫛名田比売神が生贄として選ばれたので泣いていると言う。

 大蛇退治

 須佐之男命は身を証し、櫛名田比売神を妻にすることを条件に八俣之大蛇を退治しようと持ちかけた。

承諾された須佐之男命は、まず家の周りに八つの門を設け垣をめぐらし、 それぞれに八つの酒樽を置いて八俣大蛇を待った。

現れた八俣大蛇は、八つの首をそれぞれの酒樽に頭を入れ酒を飲み始めた。

須佐之男命は、酒に酔い眠りについた八俣大蛇の八つの頭を十拳剣で切り落とした。

八俣大蛇の尾を切ると一振りの剣、天叢雲剣(草薙剣)が現れた。

日本神話 Amazon