因幡の白兎 〜 日本神話 〜

須佐之男命と櫛名田比売神の子孫神である八十神(ヤソガミ)の兄弟は、 因幡に八上比売(ヤガミヒメ)という美しい女性がいる事を知り妻にしようと旅に出た。 八十神の末弟である大穴牟遅神(オオナムチノカミ)も同行したが、皆の荷物を持たされ最後尾を歩いて行った。

途中、一匹の兎が皮を剥がされ泣いていた。 八十神の一人が、海の水を浴びて風に当たれば直るよと言うと、 兎はその通りにしたが、痛みはますます酷くなった。 最後に通りかかった大穴牟遅神が泣いているわけを聞くと、 兎は隠岐島に住んでいたが本土に渡ろうと思い、 ワニザメにどちらの仲間が多いか比べようと持ちかけた。 ワニザメが仲間を呼んでくると、兎は数を数えるので本土まで一列に 並ぶように言い、その背を踏み跳び本土の岬に渡り終わると、 おまえらは騙されたんだとあざ笑った。 すると一番岬に近いワニザメに襲われ、皮を剥がされてしまったという。 大穴牟遅神は気の毒になり、河口に行って真水で身体を洗い、 蒲の穂を敷いて寝転がりなさいと教えた。 兎がその通りにすると痛みは取れ、 喜んだ兎は、あなたこそ八上比売を妻にするのにふさわしいと言い去っていった。

因幡では八上比売が八十神の求婚を受けず、大穴牟遅神に嫁ぎますと言いつづけるので、 怒った八十神は大穴牟遅神を殺そうと計画する。

まず兄弟は大穴牟遅神に、山の上から赤い猪を追い落とすので捕まえろと命じる。 赤い猪は実は真っ赤に燃えた大石であったため、大穴牟遅神は大火傷を追い死ぬ。 しかし、神産巣日神の命により貝の女神達が火傷を治療し生き返る。 次に兄弟達は大穴牟遅神を大木の幹にくさびを打った割れ目に押し入れた後くさびを外し絞め殺す。 だが、母が木を切り裂き再度助けられる。

母より根の国に行くように勧められた大穴牟遅神は堅洲国へと降りた。 そこで素戔嗚尊の娘である須勢理毘売命(スセリビメノミコト)と出会い二人は恋に落ち、 大穴牟遅神は素戔嗚尊より数々の難題を受けるが、全て解決して二人は結ばれた。

大穴牟遅神が地上に戻る際、素戔嗚尊は太刀と弓を与える。 その太刀により大穴牟遅神は兄弟達を追い払い葦原中国の王となり、 少彦名命(スクナビコナノミコト)、大物主神(オオモノヌシノカミ)等の助けにより国を繁栄させていった。

大穴牟遅神=大国主神(オオクニヌシノカミ)
八十神=80人居たわけではなく、それほど多い兄弟だったと思われる。

日本神話 Amazon