高御産巣日神 〜日本神話〜

 高御産巣日神

高御産巣日神 (タカミムスビノカミ)

高皇産霊尊
高木神(タカギノカミ)
別五柱、造化三神の一柱
思兼神の父

この神は天之御中主神と異なり、神話の中にその名を時々現す。高天原では天照大神と共に政治を治める。

天照大神の子の天忍穂耳神(アマノオシホミミノカミ)と娘の栲幡千千姫神(タクハタチジチノヒメカミ)を結ばせ、 天皇家祖神である邇邇芸神(ニニギノカミ)を誕生させ、神武初代天皇の侵攻前に 建御雷之男神(タケミカズチノカミ)等を地上に降ろし、葦原中津国を平定させる。

また、進功中の神武に案内として八咫鴉(ヤタノカラス)を遣わせたりした。

日本神話 Amazon