日本の神々誕生

遙かな太古、この世界には天と地の境はなく、ただ混沌としていた。 時が流れ、清く澄んだ気がまとまり天となり、重く濁った気が地となった。 こうして天と地が誕生した。

 天と地の中心に、まず最初に誕生した神の名は天之御中主神(アマノミナカヌシノカミ)、 そして高御産巣日神(タカミムスビノカミ)、神産巣日神(カミムスビノカミ)の造化三柱。 次に水に浮く脂のような地から葦の芽のように誕生したのが宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアカビヒコチノカミ)、 天を支えるように誕生したのが根元神である天之常立神(アマノトコタチノカミ)。 以上五柱は独神であり別天津神という。

 さらに、地の根元神として国之常立之神(クニノトコタチノカミ)、 豊雲之神(トヨクモノカミ)が誕生する。 次に男女二柱とする宇比地迩神(ウヒジニノカミ)、須比地迩神(スヒジニノカミ)、 角杙神(ツノグイノカミ)、活杙神(イクグイノカミ)、意富斗能地神(オオトノジノカミ)、 大斗乃弁神(オオトノベノカミ)、於母陀流神(アモダルノカミ)、阿夜訶志古泥神(アヤカシコネノカミ)、 伊弉諾命(イザナギノミコト)、伊弉冉命(イザナミノミコト)以上、夫婦神を一代として神世七代の神である。

 こうして天と地は形を整えたが、別天津神は伊弉諾命と伊弉冉命に天之沼矛(アマノヌボコ)を授け、 漂える地を治め、造り固めるように命じた。

 二柱は天之浮橋に立ち天之沼矛を下界に差しかき回すと、天之沼矛の先から滴る塩が固まり淤能碁呂(オノゴロ)島が誕生した。

 二柱は天降り淤能碁呂島に八尋殿(ヤヒロドノ)を建て夫婦の交わりをする。 だが、最初に誘いの言葉をかけたのが伊弉冉命だった為に、誕生したのは未熟児である水蛭子(ヒルコ)であった。 二柱は水蛭子を葦で出来た船に乗せて流した。 次に誕生したのは不完全な淡島であった。

 今度は伊弉諾尊から誘いの言葉をかけて交わると八島が誕生し日本列島が完成した。

日本神話 Amazon