オイディプス 〜 ギリシャ神話 〜

Oedipus

ライオスとイオカステの子

スフィンクスの謎をといた者

この者は誕生後、山中に捨てられコリントス王ポリュボスと王妃メロペに育てられる。
が、オイディプスには父を殺し、母と結ばれるという神の運命があり、 この運命、神託から逃れる為テバイへ一人旅たった。

途中、老人に会うがこの老人はオイディプスに道を譲るように命じた。
彼は断ると老人は杖で打ちつけるので怒った彼は老人を殺してしまう。

テバイに着いたオイディプスは、女の顔に獅子の身体、 鳥の翼を持つスフィンクスがおり、このスフィンクスは人間に謎を出し、 この謎が解ければスフィンクスは人間を食わずに立ち去ると神託されていた。
テバイの摂政は、この謎をといた者に国土と前王の妻イオカステを与えると布告を出す。
オイディプスはスフィンクスの謎を解き、国と妻を得た。

時が経ち、テバイに疫病が発生した。神託によると、前王の殺戮者がこの地にいる為とされ国中で殺害者を探すが一向に見つからないので、ギリシア一の予言者テイレシアスに依頼する。
予言者は犯人は王であるオイディプスであり、テバイに来る途中に殺した老人が前王ライオスでありお前の父であると告げる。オイディプスは神託通りに父を殺し、母と結ばれた事を知った。
後、母であり妻であるイオカステは自ら命を絶ち、オイディプスは両目を潰し放浪の旅に出る。

ギリシャ神話 Amazon