アナンシと少女 〜 アフリカの神話 〜

アナンシは一人の蝋の少女と出会う。

少女が何も話さないのでアナンシが蹴ると足が少女に付いてしまった。 怒ったアナンシが頭を叩くと胸が付いてしまった。 アナンシは少女に捕らえられてしまったのを知り、 少女にきれいに剥がしてくれるように懇願した。 だが少女は何も話さず、今でもアナンシは少女に捕らえられ地に平伏しているという。