巨神オリオン 〜ギリシア神話〜

Orion

巨人族

ポセイドンとエウリュアレの子

オリオンはキオス島の王女メロペに恋をして、自分のものにしようとしたために、怒った王によって両目をえぐりとられた。 ヘパイストスはオリオンを不敏に思い、アポロンの元に行けば治療することが出来ると教える。

アポロンによって光を与えられたオリオンはしばらくアポロンの姉のアルテミスと一緒に過ごすが、 オリオンに嫉妬したアポロンはオリオンを殺そうと考える。

アポロンは狩りの名人であるアルテミスにいくらお前でもあの岩は射えないだろうと挑発する。 アルテミスは弓を射命中するが、岩は海を歩くオリオンの頭部であった。 オリオンは死に、悲しんだアルテミスはオリオンを星座へと変えた。 そして、オリオンの猟犬セイリオスを彼の後をつけた。 しかしながら、以前にオリオンから逃れるために星座となったアトラスの娘達である、 プレイアデスの姉妹がゼウスによって星座となっていたために、オリオンは娘達を追いかけるようになった。

プレイアデス (昴)
  アルキュオネ、メロペ、ケライノ、エレクトラ、ステロペ、タユゲテ、マイア

  エレクトラは、トロイアの陥落を見るに耐えず姿を消したため、今は六つの昴が輝く。

ギリシャ神話 Amazon