出雲大社 〜 日本神話 〜

出雲大社 (イズモオオヤシロ)

島根県簸川郡大社町杵築東にある大社

主神は大国主命
配神は天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、宇麻志阿志軻備比古遅命、天之常立神。

何故、国津神の社殿に別天津神が配神されているかは不明。
一説では国津神の王、大国主命の力を封じる為とも言われる。

社殿は大社造と称し、日本最古の神社建築の様式。

本殿の建築当時は高さ約97mあったと言われるが、
平安時代に48m、江戸時代に24mまでの高さにされた。

祭典は5月に例大祭礼、11月に新嘗祭、旧暦の10月に神迎祭、神在祭、神等去出祭
尚、旧暦10月を神無月と言うが、出雲では神在月と言う。

日本神話 Amazon