三種の神器 〜 日本神話 〜

三種の神器 (サンシュノジンギ)

代々歴代天皇が、皇位として受け継いできた神器

 八咒鏡

八咒鏡 (ヤタノカガミ)

天照大御神が天岩戸に隠れた際、榊に掛けられた。
伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)作
天安河の硬石と天金山の鉄から作成

 天敢雲剣

天敢雲剣 (アメノムラクモノツルギ)
別名 草薙剣(クサナギノツルギ)
大蛇麁正(オロチノアラマサ)
    
須佐之男が八俣之大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した際、尾より出てきた剣
草薙剣の名は、日本武尊が東征の際に火攻めにあい天叢雲剣で草を薙ぎり難を逃れたことから付けられた。また、くさは臭、薙は蛇を表してもいる。

  八尺勾玉之五百津之御須麻流之珠

八尺勾玉之五百津之御須麻流之珠 
(ヤサカニノマガタ)

玉祖(タマノオヤノミコト)作
動物の牙や貴石から作成

日本神話では、天の岩屋戸に隠れた天照大御神を誘き出すため、八咫鏡と八尺瓊勾玉が準備され、 天敢雲剣は、須佐の男が退治した大蛇八俣の大蛇の尾から出てきた。 これらの神器は天照大御神が保管していたが、瓊瓊杵尊の天孫降臨の際に天の使者の証として手渡した。

尚、三器は源平合戦の際、壇ノ浦に沈んだとされる。
後に鏡と勾玉は見つかったが剣のみは未だに見つかっていない。

日本神話 Amazon