一つにして全てのもの ヨグ=ソトース 〜クトゥルー神話〜

 ヨグ=ソトース

Yog=sothoth

超ゆるもの 
ひとつにして全てのもの 
全てにしてひとつのもの
戸口に潜むもの

癩病にかかったヨグ=ソト-スは地の精の中で強大な力の所持者で、ツァトゥグアやクトゥル-とともに他星より飛来した。「輝く球体の集積物」として表現される。
大いなるヨグ=ソト-スは全ての時空に存在し、アザト-スとともに混沌の外縁へと追放された。

この神は人間の女性であるラヴィニアと交わり双子の兄妹を得る

但し、どの神に対しても言える事だが、旧支配者は子を得るのではなく、 己自身の遺伝子のみで出来た己自身を誕生させる。 女性の遺伝子は子供には含まれることはない。

故に子が目覚めたとき親である本体は次元、時間、空間のどれにも存在することはない。