アナンタ 〜インド神話〜

 アナンタ

Ananta

世界の蛇
名の意は「終わりなき」

ヴィシュヌはアナンタのとぐろの上に座し、百とも千ともあると言われる蛇の頭は
ヴィシュヌを守るように天蓋となっている。

バララーマ(Balarama)はこの蛇が変化した姿である。

インド神話 Amazon