ラー 〜 太陽神 エジプト神話 〜

 ラー

Ra

へリオポリスの太陽神
天と地の創造神
無限の土地の領主
光の主人
神々の父
昼の支配者
太陽円盤を頭に頂く男性

一年の始まりはラーの守護の元に始まり、元旦はラーの誕生の日である

父はヌン、母はヌト
妻としてライト、ラタウイ
兄弟としてソティス、オリオン
息子はホルス、アヌビス、イヒ、トト、オリオン、モントゥ

ラーの目である娘はパフト、セフメト、テフヌト、パステト、マアート

第二王朝時にアトゥムと習合して太陽神、創造神の地位を得る。 後にエジプト第五王朝ファラオが、アメンと習合されていたラーを国家神とし、 宇宙神、神々の王とした。

昼の支配者
夜の支配者はオシリス

姿はラーのシンボルである日輪を頂く隼の頭をした人物である。

エジプト神話 Amazon