ラーの船 〜 エジプト神話 〜

ラーの船

 朝になるとラーはヌトの腿の間から誕生する。 ラーはスカラベとなり東の地より現れる。 ラーは目を開け、数々の神々によって支えられている天へと昇って行く。 ラー=ホルスの船メアンジェトは星々に漕がれ行き、 夜になるとラー=ホルスはラー=アトゥムとなり、船をメセクテトに乗り替え夜の旅へと出発する。 翌朝には東より現れ復活するとされ、人々は生の再生であるこの船に同乗する事を願った。

エジプト神話 Amazon