人間に火を与えた神 プロメテウス – ギリシア神話 –

Prometheus

人間の助言者
火の神
イーアペトスとクリュメネの子
アトラス、メノイティオス、エピメテウスとの四兄弟
ケンタウロスのケイロンによって不死の身となる
この神は絶対神であるゼウスの権力にさえ逆らう不屈な意志の象徴である

人間はプロメテウスが土から形を作りアテナが命を吹き込んだ。その後にゼウスが人間を滅ぼそうと生への苦痛と短い生を与えた。

ティターンとオリュンポスの戦いに於いてアトラス、メノイティオス、エピメテウスはティターン神族の味方をした為、 アトラスは空を背おわされ、メノイティオスは雷で打たれ、エピメテウスの元にはパンドラが送られた。 兄弟の中で唯一オリュンポスの味方をしたプロメテウスは助かったが、 人間にオリュンポス神殿の聖なる火を与えたため、 ゼウスによって岩に繋がれ、日の出ている間中、 鷲に肝臓を食われ続けなくてはならなくなった。

後に、先見の明なる名を持つプロメテウスはゼウスにある未来(テティスの息子がゼウスの地位を奪う)を知らせる事によって、 ゼウスの命でヘラクレスがこの鎖を切断する。 ヘラクレスには礼としてアトラスからリンゴを奪う方法を教える。

 

プロメテウスよ
人間の苦しみが、その悲しい現実の中にあっても、神々の蔑むものとしては映らなかった、不滅なる眼の持ち主よ。
汝の憐れみの代償はなんであったのか・・・
沈黙の、しかも激烈な苦しみ、巌、禿鷹、そして頑丈な鎖、誇り高き者たちが味わう苦しみの全て、勇者も示さぬ煩悩、息詰まるような悲しみの思い・・・

汝の罪とは、人間に愛情を持つことであった。
それは汝の示す数々の教訓で、人間の悲惨の全てを減少させ、人間を自らの精神で強化させることであった。
しかしその努力は天の神々によって挫折はしたが、しかしなお汝の忍耐強い気力の中に、そして、天も地も揺るがすことの出来なかった、汝の不屈の精神の持続性と拒絶性との間に、我々人間は力強い教えを受け継いだ・・・
ギリシャ神話 Amazon